忍者ブログ
20080511~ 13と7と11の倍数の論理積は13と7と11の積の倍数である。 和ァ・・・
[779] [4402] [4401] [4400] [4399] [4398] [4397] [4396] [4395]
x=1だったら31
x=2だったら28
x=3だったら31
x=4だったら30
x=5だったら31
x=6だったら30
x=7だったら31
x=8だったら31
x=9だったら30
x=10だったら31
x=11だったら30
x=12だったら31

を出力する多項式を生成するには、自由度が12個必要なので、
xのゼロ乗から11乗までの、11次多項式が必要になります。


という話を耳にしまして

どうやったらこの式が導出できるのでしょうか。


まず、以下のような式を仮定します。

このxに1~12を入れた際に、先ほどのような日数が出るように
係数Anを定めていくわけです。


などといったように、1~12月までの12本の式を、12元連立方程式にします。
これを行列で表すと、以下のようになるので

これをXA=Bと定義して
両辺左側から、Xの逆行列を掛け算すると、係数A0~A11までが求まります。

おそらく、クラメルの方法を用いてもよいでしょう。
(行ベクトルバージョンのクラメルも試してみたい)


昨日の行列式の意味はこれです。


ツェラーとは何の関係もないことがわかりました。

ついでに、gifアニメも載せておきます。(分母と分子が逆になってました)

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
7 8 9
12 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログランキング
ブログランキング参戦中
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 漫画ブログ SF・ファンタジー漫画へ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
よかったらポチッとお願いします^^
最新CM
[02/28 GIC結晶ファン]
[12/01 量子きのこ]
[11/06 NONAME]
[10/12 量子きのこ]
[10/11 にしもり]
プロフィール
HN:
量子きのこ
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1981/04/04
職業:
WinDOS.N臣T
趣味:
妄想・計算・測定・アニメ
自己紹介:
日記タイトルの頭についてるアルファベットは日記の番号です
26進数を右から読みます
例:H→7番目、XP→15(P)×26+23(X)=413番目。
A=0とする仕様につき一番右の桁はAにできませんのでご了承くださいズコー
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析