忍者ブログ
20080511~ 13と7と11の倍数の論理積は13と7と11の積の倍数である。 和ァ・・・
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
0から1、1から宇宙の果てまで~照らし出す光は

 わたしですここにある
回路ショートくん 鬼畜こけし
 ほら君も目をつぶって太陽拳~


昨日あたりから頭痛がひどいので、とりあえずできた素材を時々ばらまく日々が続いてすみません


リニア方眼紙がペンローズダイヤグラムの方眼紙に遷移する図です。

とりあえず今は光中心版ができたばかりなので、ミンコフスキー時空に入れる際は
左右どちらかに斜め45度傾けてイメージしてください



ちなみに僕、とても不器用なので、光の振動数がGHzオーダーの回路相手だと
検査するだけで回路壊します
例:
抵抗値を測る

測ったはいいが不安になってもう一度測る(強迫性障害)

ショートしてはいけない部分をショートする

テスタの内部電源が測定対象の許容電圧を超えている

きな臭い

うっすらと視界が濁る

測定に再現性がなくなったので上司に質問

怒られる
 
 
シノの目、誰の目

拍手[0回]

PR

ヘキサボナッチ数列自体は無理数にも複素数にも拡張されてくれます

6つの白丸を全部足すと黒丸になります。格子同士の間でも、複素数でもなります。

相変わらず青丸が実整数の範疇に収まっているのがわかるかと思います 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]

マイナス番目のフィボナッチ数列は
定義
F(n+2)=F(n+1)+F(n)

を移項して
F(n)=F(n+2)-F(n+1)

整数mを定義して、整数nにm-2を代入すれば

F(m-2)=F(m)-F(m-1)

これで済むんだけど

じゃあ実数番目のフィボナッチ数列はどうすんのってなると・・・積分・・・!?

でもそんな記事は見当たらない

単に離散数nを連続数xに置き換えて

F(x+2)=F(x+1)+F(x)

にすればいいだけ・・・?

それでいいなら任意のボナッチに拡張はすぐなんだけども・・・

複素数だとしても、実数は実数同士、純虚数は純虚数同士で演算すればなんの問題もないかもね・・・

拍手[0回]

さっきの日記見直してて

フィボナッチの虚部はゼロだよなぁ~って思いながらぐぐってたら、
ゼロじゃなかった!


えええええー!?
だったら素数かどうかってのが根底から揺らぐじゃん!!!!

ってことで、おとなしくscilabに計算させました。

for L=1:1:20
 A=[ones(1,L);eye(L-1,L-1),zeros(L-1,1)]
 for n=1:1:200
  B=A^((n-100)/10);
  m(n,L)=imag(B(L,1));
 end
end


これはっつけたら全自動でやってくれます・・・


奇数ボナッチが多少値が出てたのはやっぱり計算誤差だったっぽいですすみませんorz


はぁー・・・素数関係ないのか・・・ちょっとがっかり。

拍手[1回]

ちなみに偶数ボナッチおよびフィボナッチ数列の虚部は、正負実数番目に拡張しても全部ゼロらしいです。


 
小さい数列(テトラ)ほど、大きな数列の値から、急峻な時定数で収束していることがわかる。
もちろん周期は整数の2だ。
exp(-)*sin
の形だとは思うけども。

偶数の中で2だけがのけものなのがなんか引っかかる。まるで素数じゃないか



奇数ボナッチの正負実数番目の虚部はホントにゼロでいいんだろうか
小さな値しか出てないのもあれば、変に膨張してるのもある。ヘプタボナッチとか・・・
でもヘプタボナッチは整数番目でも虚部がゼロにならないのがおかしい。
n+=0.1なんて雑なことをしてるからいかんのだろうか
整数型m++しつつn=m/10とかせにゃならんかなあ

だいたい、「2が素数だから虚部がゼロ」って論理だと、素数7のヘプタボナッチでおかしな値が出るのとは別の理由がいるだろうが。

「1が素数ですらないから数列がモノボナッチがまったく変化しない」ってのは、まあ理に適ってるとしてもだよ?

計算誤差で片付けていいのかなあ?あんまり不規則すぎてよくわかんね
サンプルすうが10までってのもデータ数が足りないんだよなあ
これ以上やるにはExcelでは荷が重いし、scilabに頼ったほうがいいとは思うけど、あんまり乗りこなしてないのよね~アイツ




ちなみに、10までで唯一合成数の奇数ノナボナッチ
うーん・・・やはり偶奇ではなく素数かどうかがカギか・・・
数列の値が小さすぎて計算しきれてないっぽいな
15のペンタデカボナッチでは計算不可能だろうなぁ。間空きすぎなんだよもう

ノナボナッチを-10じゃなくて-100から始めても、計算誤差が邪魔してダメだった~

倍精度の型同士をつなげて4倍精度みたいにするオブジェクトがあればいけるだろうけどねえ
20桁以上の円周率を計算するときとかに使うアレよアレ
あったとしてもまだ僕には使いこなせない
サイラボにもそんなのねえかなー



あーそうか。なんとなくわかったかも。
量子数が固有値になって、打ち消さなくなった的なやつじゃね?

拍手[0回]

元データの行列式を用意しなさい!
そうしたらできる範囲で因数分解してあげるから!

パズルゲームって行列式に似てるよね。僕パズルゲームあんまやらないんだけどね
ルールが・・・覚えられないんだ。

ルービックキューブってあるだろ
あれってノギスに似たトラップがあるやんか

ギミックに夢中になってそのあとの説明がまるで頭に入らないアレ

あの色のついたシールが内側にくることはあるの!?とか思うやん?
分解したくなるやん?ぼく絶対直せない自信あるけど!

ノギスはモアレ現象の原理が気になって、測定器であることを忘れてしまうんや!

拍手[0回]

これな

トリボナッチの分子が分母の整数倍かどうかは任意番目について確認できる見通しは立っていないのに

こっちの見通しのほうが早いんかい

行列式の変形ギミックすごーい!たーのしー!


しかしなんだ、サーバダウンか。まじ綯エル・プサイ・コングルゥ。

拍手[0回]



完成図見て思ったのは、「昔のスクリーンセーバーみたいだなー」って。
癒し?残念ながら僕は迷路系のスクリーンセーバーに不安しか覚えなかったんだわ
続きどうなんの!?って。有限のコンピュータに無限を求めちゃいけない。
あえていうなら、再現性のある迷路生成をせいぜいお願いするんだな。


まあ、僕にとっては虐待でも、きっとこれをご褒美と思ってくれる業界もあるだろうから載せる
これは再現性あるよ。だってgifだもん

拍手[0回]

よくまとめられてるなおい・・・

フィボナッチ数の類似の数列を参照すると、類推でどこまでもいけるようにできてる。


たとえばL=6ならヘキサボナッチ数列の一般式が出せる。


この6次方程式を解いた6つの複素解がa1~a6に当たるわけだけど
これを使って

こういう風に定義してやれば、たちまち、
nが0~4までのFnがゼロで、n=5になったところからポッと有限の値が出て、
それまでの数列6つの和を取る、まるで規則性のあるようなないようなヘキサボナッチ数列

を、いきなりn=40とかやっても即座に出せる。

ほんともうびっくりだよ。理論上はL=500とかでもできるし
そしたら500番目くらいまで数列がゼロで、501番目とかでいきなり有限の値が現れるんだ
そういうのが無数に作れる
狂気か!

拍手[0回]


君はトリボナッチ数列の一般式の分母のフレンズなんだね!

拍手[0回]

やる気が出ないのでぼーっと、行列2重ループに頼らない方程式メーカーを考えてました。
2378次方程式の時点で、スタックが足りないとか言い出して計算できなくなりました。
ハードの問題なのか、それともコードが要改良なのか、知るか。

m=2577
x=poly(0,'x')
y=zeros(m+1,1);
for n=0:1:m
 y(n+1)=x^n;
end

z=y(1);
for n=1:1:m
 z=z+y(n+1);
end

z=z-2*x^m;

w=roots(z);
re=real(w);im=imag(w);
w2=[re,im];


出てきたw2をExcelのcomplex関数で複素数(文字型)c=a+ibにしてやって、imargument(c)でソートしてやれば
線のグラフにしても編み物にならずシンプルにグラフ化されますよっと


拍手[0回]

いちおう多次元配列も扱えるみたいだけど、3次元以上の配列にしたらビューアに反映されない件

まあ、2次元配列(行列)にスライスしてやりゃぁ見れるだろうけど
3Dビューアとかほしくね?うん・・・ほしくもないのか・・・。

テンソルの演算ライブラリも特に見つからない感じがする。

いちおう「scilab テンソル」でググったけどかんばしくない



一般相対論を具体的に理解できるようになるためのツールとしてのプログラミング言語というのはないだろうか
すごく抽象的で、理解したいと思えるまでのハードルがすでに高いんですけど。

なんとかならんのですか

いや別に数値シミュレーションまで期待はしてないんで、
せめてなんかこうイメージをつかみやすくするためだけでいいんで、そういう具体化ツールないかなあ

拍手[0回]

その技教えた人って絶対、「ライバルを蹴散らす」計画立ててますわ。

「行列のべき乗はこうやればいいよー」

結局固有値の意味わからず。なんてひでえやつだ。自分以外のクラスメイトほぼ全員に吹き込むのか。最悪ですわ

身に覚えがないといえばうそになる・・・

自分だけがのし上がったって誰得俺得でしかねーっつの。当時は気づかなかったのかもしれない

拍手[0回]

a1=ones(1,500)
a2=eye(499,499)
a3=zeros(499,1)
A=[a1;a2,a3]
B=A^10


500次のフィボナッチ系行列Aの10乗が
B=A^10でわりとすぐに出た・・・じゃあ対角化の意味ってなんだったんだってくらいすぐに出た

おっかねえ・・・

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
12
23 25 26 27 28 29
30
ブログランキング
ブログランキング参戦中
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 漫画ブログ SF・ファンタジー漫画へ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
よかったらポチッとお願いします^^
最新CM
[12/01 量子きのこ]
[11/06 NONAME]
[10/12 量子きのこ]
[10/11 にしもり]
[10/05 量子きのこ]
プロフィール
HN:
量子きのこ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/04
職業:
WinDOS.N臣T
趣味:
妄想・計算・測定・アニメ
自己紹介:
日記タイトルの頭についてるアルファベットは日記の番号です
26進数を右から読みます
例:H→7番目、XP→15(P)×26+23(X)=413番目。
A=0とする仕様につき一番右の桁はAにできませんのでご了承くださいズコー
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析