忍者ブログ
20080511~ 13と7と11の倍数の論理積は13と7と11の積の倍数である。 和ァ・・・
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
当時、高専に入りたてて中二病真っ盛りの僕は
仕事という物理量が時間ではなく移動した距離にのみ依存すると聞いて
実は科学の間違いはアインシュタインのころではなくニュートンの頃からほったらかしにされていたのではないか!?」と陰謀論を熱く心に刻み込んでいたのだった。

授業が終わって、質問した時の、先生との話のかみ合わなさは今でも覚えてる。
まあ、主に先生ではなく僕のせいで、おそらく発達障害が顕著に現れた例なのではないかと思うんだけど。


当時

マクロな視点からは、余計なことがらをなるべく取っ払って考える
とか
無視して近似する
とか
なんだかわかんないまま考えを続ける
とか

そういうのが科学のスタンスだとはまったく思っておらず
いつも混乱していた。

拍手[1回]

PR
「語る宇宙(時空を超えて)」のタイトル通りの面白さでした。
時々脇道に逸れて、万物創世紀(後半)やMMRみたいな感じになることがあるので
僕はそっちはあまり興味がないんです。


特に、「脳はハッキングできるか」の回は、具合が悪くなって、何度もリタイアしそうになりました


まあ、各々の研究者が統一感なく持論を語る視聴者おいてけぼりスタイルは相変わらずカオスで胡散臭いんですが
ワープドライブとワームホールを分けて説明してくれたのはGJでした。

米国面?としてはオシドリ夫婦やジャガーの模様並みに常識なのかもしれませんが、日本人にとってはこの辺はかなり危ない認識なのです。


ただ、どちらにしろエキゾチック物質が必要になるようですね


光速変動理論(VSL)の著者が案の定出てきました。^^
驚いたのは、先に観測結果の紹介から入ったことです。
実際の順番はどうあれ、すでにそのような観測結果があって、それに理論が賛同している
と見せるスタイルはなかなかよかったと思います。
というか、そんな観測事実があったこと自体びっくりでした。



時々用いられるたとえ話のせいで、何をいってるのかの厳密性に欠けるのはよくあることなので仕方のないことでしょう。


確かVSLの本「光速より速い光」のタイトルを見たのはもうかれこれ15年以上前の
大学生協の書店だったでしょうか

実は読んだことがなく、著者の名前もよく覚えていなかったので
録画を見ながら、「光速より速い光」でぐぐって、番組を見ると同時に著者の名前を確認したんですよ昨日。なんとかマゲイジョ、でしたっけ?



VSLによると、宇宙ひも(コズミックフラクチャー)の中ではまだ初期宇宙の「超光速の光速」が生きているんだそうで。

まあコズミックフラクチャー自体見つかっていませんし、
某宇宙のステルヴィアでは巻き込まれると危険じゃすまないみたいな描写があるので
見つけるのもそこに行くのもまだまだはるか未来の話になると思いますが

宇宙のハイウェイ(超高速)という響きはなんとなく懐かしい未来予想図を思い出させて、ロマンを感じます。
まるで大航海時代の航海図のようです。





ところで、宇宙ひもはタイムトラベルにも利用できるみたいだとシュタゲでも言っていましたが
実際のジョン・タイターが用いていたとされる可変重力ロック(VGL)と響きが似てるのは偶然でしょうか、偶然でしょうね

PLL(位相ロックループ)もなぜか連想してしまうんですよね。
たぶんH・G・ウェルズのせいだ。
Gが増幅器で、Hが帰還係数なんすよ、この宇宙がフィードバックしてるとすると。
ブラックホールからビッグバンにフィードバックする際に
事象雑音に含まれる、「因果関係を壊さない」特定の成分だけを抽出して
ギッコンバッコン大騒ぎする、発振回路なんですよこの宇宙は。

拍手[0回]

岸根先生の表現は砕けてて結構好きですね。

身長を測る時にマクロだと優しいバーが下りてくるんだけども
ミクロだとおっきな鉄骨が落ちてくる

この下り大好きですわ。


そうするとミクロなマナピーは怖くてガタガタ震えてしまうんです

笑い転げました。ゆのっちが寒くて凍えるケータイを見つめるような何かを感じます
不確定性原理で、測定のために光を当てると、測定対象が吹っ飛んでいってしまう
って誤った表現を、ざっくり説明のためにさらに怪しい言葉で濁して説明する手法がとても楽しい



量子の「失われた個人情報」って表現も結構じわじわきますね


後ろのピタゴラ装置みたいなおもしろおかしいセットも笑わせに来てて楽しいです
むしろ背景にしか目がいかないこともあります。
あれ何度差あるんだろう?って思っちゃうと説明が頭に入ってこないんですよ


ブラとかケットの中身がxとかφで書かれてるのって、もしかしてひっくり返しても原点対称だから授業に向いてるとかそういう理由でxとかφが選ばれたんでしょうかねえ

←↑→
みたいにハットのついた物理量演算子をブラとケットで挟んで書くと、なんかこうDDRでもしてるかのような錯覚を起こしそうで楽しいです

拍手[0回]

行列力学がLHC線ごっこで左回り


みたいな感じで、もしかしたら、特殊ユニタリ群の固有値を力技でガリガリ解析するのは
品川から田町までを外回りで行くくらい
無意味なこと、アホなこと、ニコニコ技術部なことなのかもしれない。


なにかこう、定理のライブラリのような感じで
もっと近道があるのかもしれない。


こんな感じでくすぶっている暇人はいったい日本に、世界にどのくらいいるのだろう?


こういう暇人に限って、こんな動画教材がほしいです!

みたいな声を上げないような気がするから

需要を見極めるのが極めて困難で、動画を無料配布したらどどーっとDLされて
しまった、有料コンテンツにしときゃよかった・・・
なんてこともあるかもしれない


というわけで、特に意味もなく現代のケンブリッジの学生をひたすら描写しまくるドキュメンタリー

みたいのがあったらいいなぁと

たぶん、技術の進歩が加速してるから、偉人になってからじゃ遅いんじゃないかと思うんだよね

そのころにはもう数年あるいは十数年・数十年あとの学生の様子を描いた動画がほしいってなるような気がする


今時の学生はどんな風に知識をスマートに持っていて、どんな風に基礎を欠如させているのか

どんな会話を繰り広げているのか、どんな風に問題を解決しているのか

どういう人同士、分野同士の結びつきができているのか

どうやって分業しているのか、どこまで人力で計算し、どこから計算機に任せるのか

劣等生は何と戦って、どんなこだわりと葛藤しているのか



そういうノウハウが、コミュ障の暇人たちにもたらされたら、いったい世の中どう変わるのか、実験してみたい


コミュ障の暇人たちは、議論は嫌いだろうけど、そういうのを見るのは嫌いじゃないと思うんだ

拍手[0回]

1.1枚 モノテール
2.2枚 ツインテール
3.3枚 アホ毛
4.整数じゃないかも


正解者には過去日記に掲載した画像を差し上げます


ドクターヘリみたいにして、舵取りプロペラ分を1個減らせないだろうか

拍手[0回]

興味深いことに、どちらの理論にもアインシュタインが関与している

などと供述しておりますがローゼンにも触れてやってください!


ER=EPR

などと供述しておりますが、じゃあポドルスキー=1っすか!!!!

拍手[0回]

これは同レベルの根本さなんでしょうかどうなんでしょうか。


運動量や運動エネルギーは、相対論や量子力学にもうっかり通用してしまう概念でした。


しかし、距離の2乗に比例するポテンシャルエネルギーというのは「調和振動子」といわれるモデルであり、いくつか存在するモデルの「扱いやすく」「頻出する」「近似」のモデルでしかないように思えます。

しかし、もう少しよく考えてみて
「なぜ距離の2乗に比例したポテンシャルだと扱いやすいのか」
を考えてみますと
相対論ではどうなのかよくわかりかねますが

少なくとも量子論の前半、シュレディンガー方程式ぐらいまでのあたりまでは
「運動方程式として二階微分が出てきているから」
というのが理由として挙げられそうです。


ということは、案外両者の根本レベルは同レベルなのかもしれません


それでは、どうして二階微分はこんなにも頻出するのでしょうか

二階微分と二次式には大いに関係がありそうだということはわかりそうなもんですが

二次の頻出はフェルマーの最終定理と何か関係があるのでしょうか





ところで、2乗というと、
波動関数の絶対値の2乗がどうして存在確率になるのか
どうして3乗や1乗ではないのか
といいますと、どうもエネルギーが運動量の2乗であることなどに由来しているようです

先日、グラフ理論の隣接行列が特殊ユニタリ群SU(n)に似ている
というかグルーオンの交換などによる状態変化の式に割とよく似ていると書きました。

しかし異なるのは、

隣接行列が非負行列であるのに対し、特殊ユニタリの生成子がエルミート行列である点です

非負行列の固有値はペロンプロベニウスの定理を頼ればよく
エルミートの固有値はすべて実数という特徴を持ちます

が、どうにかこの両者を統一的に扱うことはできないかと考えていたところ

行列で変換する量が隣接行列とユニタリの生成子では大きく異なっている
という壁にぶち当たりました。

感覚的にいうと
ユニタリの生成子は隣接行列の平方根みたいな感じがするのです
行列の平方根とはなんじや
しかしどこかで聞いたことがあるような
スピノルみたいな感じでしょうか??

拍手[0回]

35歳の脳にはって意味もありますが、バイト複数掛け持ちしながらだとキツいっていうのもありますし
授業を2つ受けながらって意味もあります。


もう1つは数学で、習ってること自体は結構簡単といいますか
特殊ユニタリの演算を趣味でやってる側からすると高校の数学のようなといいますか
でも、この授業で雰囲気に当てられて、特殊ユニタリについての理解が自力で深まっているのは事実のような気はします。


アレです、節約してる人が友人に連れられてドーナツ屋に渋々行かされると意外と高価な買い物(最低限の値段でないもの)をするっていうのに似てます。


しかし、年齢や経験のせいもありますが
なかなか頭が硬くなって、計算に集中できず、飽きてしまうまでの時間が短くなったように感じます。

そんなとき、マセマティカのような、解析計算向きのソフトがあればいいのにと思いますが
高いんですよね。(もう安いのかな?)


もし、マセマティカの簡易版の簡易版のryのようなものが作れたらいいのに
と思うことはあります。

たとえば「多項式同士の積の同類項を整理してくれるツール」があるだけでもだいぶ助かると思います。

でもそれを作るには、プログラミングで文字列を扱わなければなりません。

情報工学の人なら楽勝かとも思いますが
電気工学出身の僕にはどうもその辺の知識と練習量が壊滅的に抜けているようなんです。



ポインタでつまずく、オブジェクト指向でつまずく
とよく言われましたが、オブジェクト指向につまずく人は減ったかもしれません。
というのも、どうも先生に聞いてみたところ
15年前のcゲンガーが思うアセンブラのじゃじゃ馬っぷりは
現代のオブジェクターの思うcゲンガーのじゃじゃ馬っぷりに似ているというのです。

なんとなく雰囲気だけはわかりかねません。


しかし、相変わらずポインタでつまずいている人が多いような気がしないでもない
そして、そのポインタと文字列操作にはどうも密接なつながりがあるようなんです。


今の僕には、そこのとっかかりがいまいちつかめていません。
もし、時間と体力の余裕があれば、まだなんとかなったかもしれませんが
どうもとりあえず無理かもしれません。今のところは。
もしも来期生まれ変われたら、1科目だけ取りたいです
経費削減ワンチャンあると思った?



この4月からの授業で、アロー演算子というものの存在を初めて知った気がします。
構造体もろくに習わなかった気もします。

しかし、学生当時はそれでも「専門はプログラミング(寄りの電気)」といえたのです。

当時の技術のせいなのかどうかわかりませんが
おそらく電気工学の人がプログラミングで扱うものは大概数値だけ
っていうスタンスだと、確かにポインタをまじめに習うようなカリキュラムは必要なかったかもしれません。


有限要素法や差分法で配列を組む際に本当に不必要なのかはわかりませんけどね。
めっちゃ遅いプログラムを結果的に組んだかもしれませんし。



いまだに、どうして文字列が対象だと変数がポインタになりがちなのかわかりませんし
scanfの変数のところにアンパサンドをつけるのかもよくわかってません。
「呪文」以上の納得する意味を見つけられていないんです


おそらく、これは電気工学における僕の体験
「電気回路の電圧・電流と水圧・水流の関係」ぐらいに基礎的なことで、わかってしまえばあとは楽ちん
なところのような気もします。


変なところでこだわる癖があって、でもそのこだわりのおかげで回り道しながらも理解が人並みより少し深い
ような気がします。これはアスペの強みといえるでしょうか??


そういえば「平方センチメートルとセンチ平方メートルの違い」のようなもので漠然とモンモンしていた記憶がありますね
なぜ漠然なのか。誰も疑問に思わないから、自分で解決するしかなかったからだと思います
今だったら大概、知恵袋に載ってますよね


「マイナス1を7で割ったあまりははたして1か」
についても漠然とした問題提起が大学まで続いて
すでに解消されていることをそこで知りました。

「二の段で結果が奇数になる掛け算の逆元」についても漠然と考えていたような気がします

「3で割ったあまり」と「9で割ったあまり」の部分集合?群?についてもでしょうか

拍手[0回]

配列が位置ベクトルに相当するとすると、
ポインタは位置ベクトルの対義語に相当するような気がする。


位置ベクトルの対義語ってなんだろう?
平行移動できないやつのことなんだけど

ポインタだったらその対象を掴めるかもしれないねっ(やけくそ)



一意的にゆいつーしんちゃんの淡いお豆さん

拍手[0回]

あるサイトで見かけた、ポインタの利点というのに「データの移し替えの速さ」とありましてね


たくさんのデータを移動させるのに、わざわざコピーして元のを消すより、ラベルを貼り直せばいいじゃない

的なことが書かれてましてね

ああ、それなら日常的にやってるなぁって思ったんですね


たとえば同じHDD内の別のフォルダに動画ファイルを移動させるとき(あくまでコピーではない)
コピペーよりカッペーのほうがはるかに速いときってありますよね。


また別のたとえだと
Excelの数式のカッペーとコピペーの違い。
2013/12/2の日記でくどくどとカッペーじゃなくコピペーだと言ってるくだり。
こっちもコピペーとカッペーの違いがポインタに如実に表れてくるんすわ

コピペーの場合、相対参照してると参照する相手が移動しちゃうじゃないですか
でもカッペーだと移動しませんよね?
セルではなく数式のコピペーをするまでもなく、セルのカッペーで、参照ミス(セルが1個ずれるとか)が防げるんです

だから、

たとえばE4セルがC2セルを参照していて、G6セルにもともと入ってた数式なり数値なりを、
E4セルにコピペーしても大丈夫なんですが
カッペーだとリファレンスエラーが起きるんです。いわゆる#REF!ってやつですね!
しょせんね!しょせないわ!



そりゃそうですよ
未来の岡部がリバイバル装置で過去にタイムリープしたとして
それがコピペーだから、タイムリープした後の岡部はどうなるの?って議論になるんであって
カッペーだったらそんな議論は存在しないじゃないですか

まあどっちみち、タイムリープして過去にオカリンの意識がコピペーされたら、未来が変わろうが変わるまいが、オカリン自身が上書きされちゃうので、タイムリープされたあとのヌケリンの議論なんて無意味になっちゃうんですけどね(そくとう葉かよ)



(このヌケリンの状態を、循環参照で表現できないだろうか
あるいは20131202ですでに表現しているのかもしれない)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]

敵の敵は味方、だから、ほんの一瞬前まで敵だったのがガラッと変わって味方になる。


ということはですよ?
これって複素数の見えない実数世界の住人ってこととつながらないですかね?

俺妹も同時に思い出して、なんだかよくわからない、割り切れない感情というのが人間には頻繁に起こりうるわけですが
ならば、人間や生物の心は実数よりももっと豊かなのではないか

しかしそれを妨げているのは、物理的な世界と生物・人間とのつながりのほうなんじゃないか

と思ったりしたわけで。


みつどもえをやりたいのに、物理現象がそれを許してくれない!
俺たちは量子的なのに、どうしてこの世の中はこんなにも古典的なんだ!!

って感じでしょうか


まああくまで冗談めいた仮説です
実数なのか、論理代数なのかすらわかりません7&i(素数と虚数単位の論理積)を定義したいのに・・・


はぁ、割り切れないといえば、ガウス整数ってよくわかんねえなあ
モジュロ演算以外では負の概念はそっくりそのまま反転でよかったんだけど、モジュロ演算では反転しないで平行移動になる
じゃあそれを虚軸でやってみたらどうだ?
7iを5で割ったあまりとか

でもそんな単純じゃないんだよなぁ



あーそれにしても冷や汗かきながらもゲームを続けたくなる状況ってどうなのよ?
これだからゲームはアレルギーになるんだよなー
まあそれ言ったら仕事も数学もなんでもアレルゲンになりえるんだけど。

なぜか、複数回同じことを繰り返すだけの体力がない。せいぜい3回だ
他の人はもっとやり込めるのではないでしょうか

同居してる両親がねえ、なーんか空気読めないんですよねー
「なんで返事しないの?」って複数回聞いてくるし

返事するだけでも集中力切れるんだよ!!!!察してそっとじしてくれよ!

倒れたことなんてないのに「いつ倒れてるか心配で」とかいうし意味わからん
冷める前に飯食えってお前、僕は冷ました飯もそれはそれで好きなんだよ!

父の足の具合が悪くて、僕の部屋のある二階に登りづらいのはわからんでもない


1階にいながら、2階の自室の扉を開けてそっと覗くっていうことはできないだろうか
監視カメラで見てもらうのはちょっといただけない

何が違うのか。深淵の父が覗くとこちらもまた深淵の父を覗き返しているあたりが異なるのではないだろうか

じゃあ常時双方向接続のテレビ電話をつけたらどうだろう?
物音がして、ニュっと深淵の父がのぞき込むと、自室のドアのそばにある鏡や窓のようなものに人影が写る。宇宙人か!

もしエコロジーやエコノミーにこだわるのなら
数十本荒く束ねた光ファイバーと、伝声管でもいいんじゃないか


そういえば導波路における特性音響インピーダンスはやはりちょっと違ってくるのだろうか
インピーダンスが違うのなら、音速も微妙に違ってくるかもしれない
まあ光速の変化は期待できないにしても
妙なエコーは期待したい。


わざわざ居間と自室の間のためだけに、2点間スカイプ専用のタブレットを買うのは気が引ける

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]

ニュートリノ振動のノーベル賞ネタでちょっと思いついたんですけど
PC画面にミュージックプレーヤーの視覚エフェクトの一環として表示されるオシロスコープモードって
あるじゃないですか

あれの走査レートを見極めたうえで、ある音声信号を鳴らすと

視覚エフェクトのオシロスコープ上で波動関数がうごめいて見える

っていう音声ファイルがあったら面白そうですよね。


かなりアクセシビリティ的に厳しそうですけどね


最近、また用事でaudacityをいじることがちょいちょいあって
ぼそっと「重ね合わせ」って自分で言ってて思いついたんですよ
ボーカルキャンセラー(手動)をやって遊んでたんです



=========
今日は町を何往復かして、シュタゲーゼロを探したり、安く筐体が買える条件を探したりしてました
ミガル買えなかったorz発売したらもう予約取れないってさ・・・
ミガルは売り切れるのにゼロリンは売れ残るのね・・・まあ当然っちゃ当然か。ミガルは1期、シュタゲはブランクおいた2期なわけだし。


傷モノらしいビー太を中古のさらに割引で買えたんですが
傷が見当たりません。相当フシアナかな?
一週間の猶予つきで動作テストをして、ダメだったら返品してやる
って言われたので、2000円未満クソゲー以上の何かを探してたんですが
まさか店頭にゼロリンが残ってるとは思いませんでした。


シュタゲーはともかく、ミガル、略さずに言うとミラクルガールズフェスティバルという単語を店員にいうのが恥ずかしくて、無駄に街を何往復もすることになってしまいました。


無印シュタゲーはPCでやったので、久々に筐体を買ったことになります。
Wii以来なんですが、Wiiもかなり早い段階で肥やしにしたので、実質的にはもっと前の
ドリキャスあたりから買ったことがない状態でしたね。

最近の若いゲーム筐体はもうなんというか
取説が体をなしてないですね。
取説よりもっと厚いものが本体に宿ってるだろう、みたいな

紙媒体の取説の代金で割り引いてくれるなら、そんなもん喜んでくれてやる


ってか、ソフト本体(?)ちっさ!
もう二回り小さかったらマイクロSDにして食べちゃいたいくらいですよ!
PS専用のメモリっていうのも、なんかこうPCと一緒にしてよーって思っちゃいますね


ところでwav(wave)ファイルの読みは本当にワヴなんでしょうか


より平坦になった助手プラスにまだ会えていません。




想定することを想定する、わたしたちは㈲ADVです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]

最近はなんか、暇潰しに100円ショップに行っても「つまんねー」が口癖になっちゃってる量子きのこですこんばんは


そんな中、ちょっほしいと思ってるガラク…じゃなくて小物があってですね、
まあ3回も使わなさそうなんですが
ドアの明け閉めを磁気センサーで感知するやつと、
CdSを用いた明るさセンサー
どっちかが300円


100円ショップの製品って粗削りだから分解するのには向いてそうですよね。
(電子部品の店がない町なんか特に)



それで思ったんですが、磁気センサーだったら何を使ったセンサーだろう?
ということで。

おそらくホール素子

よく誤解されるんですが、正孔のホールじゃないです。人名です。

ただ、確かに半導体の存在が欠かせません。
じゃあ電子部品ではなく電気部品の磁気センサーはないのか?

って考えてみると、コイルが真っ先に思い浮かびますが、
なんつうかあいつは焦電並みにノロマだからなあ…あまり磁気センサーと呼びたくない


じゃあ磁気抵抗効果を利用したセンサーは?
まあ電気部品と言われればそうなのかもしれませんが、
なんとなく電気部品と呼びたくない


Squidなんか論外です。モロに量子力学が関わってるエレクトロニクスです。


で、調べていくと、磁気インピーダンス効果っちゅうのもあるそうで、
磁気抵抗効果のときに磁気回路思い浮かべた僕としては詐欺にあった気分だったんですが
今度こそ磁路長でてきてくれよ!

と思って1秒で轟沈。
お前も電気的なインピーダンスが変化するパティーンかよぉ!っていうか磁気的なインピーダンスとか聞いたこともねえ。。。


磁気って、、、なんなんでしょうね

磁気があるからこそ物質が成り立ってる的な部分ってあると思うんですよね。
電気だけだったら物質は成り立たなかったみたいな。


そもそも磁気が関わってるからこそスピンやパウリの排他原理で物質が構造化されるわけですし、
電気的な受動部品だけで記憶装置を作るのは無理そうですし


摩擦が機能しさえすればいいんですが、
電気的な力が効いてくるスケールにはそもそも摩擦が構造化されてないし、

磁気って一体なんなんだろう。この真っ先に電気に統合されといて実は宇宙の影の支配者?陰謀論?だからオカルト雑誌には「磁気」(笑)がよく出るの?




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ところで、この100円だか300円の磁気小物ですが
磁石が近づくと明かりがついて、遠ざかると明かりが消える\アッカリーン/みたいです(逆かもしんない)
無性に自転車に取り付けたくなりません?(笑)
明滅のカウントで速度計兼ライトみたいなwwww
っていうかLEDの明滅も気になるんですよね
もう自転車に速度計標準装備でいんじゃね?wwww

拍手[0回]

いーつのまにーコリアンダー♪



冥王星探査機ニューホライゾンズが10月8日くらいに、系内トランジット自撮り(?)で青い輪っかの日食写真を開示してくれたらしいですが

2、3ヶ月前に見たようなデジャヴを感じましてね

調べたら7月25日くらいにも白い輪っかでニュースになってましたね。



太陽の直径は1.4e6km、冥王星の直径は2.3e3km、冥王星の軌道半径はだいたい39AUくらいなので
日食が見えるということは三角形の相似関係を使って
探査機は冥王星の軌道半径の1/(1-2.3e3/1.4e6)≒1/(1-0.002)≒1.002倍くらいのところにいるっぽいです。


カロン付近を通った時の速度が毎秒14kmだったらしいので、90日経っても0.73天文単位くらいしか移動しないんですね。
まあ地球の軌道半径はだいたい入ってしまいますが
冥王星の軌道半径は39AUなんでごく小さ・・・くもないような?

結構斜めって移動してる?
単純計算で40AUだったら39AUの1.026倍ですからねえ


この白と青の(結果的に)輪っかを撮るためにあえてこの軌道なのかも
まあ冥王星探査衛星ですしね。沿って移動しないで何が探査かって話ですね


あれ?フライバイして冥王星に最接近した時の速度が14km/s?
ってことは今はこのときの速度よりも遅い可能性のが高いんですよね?どのくらい違うんだろう?



名目上は「冥王星を含む太陽系外縁天体(当時)」ですか・・・今だと「(冥王星を含む)太陽系外縁天体」になっちゃうんですね・・・そ、そうか・・・もう冥王星は惑星としてだけでなく距離的にもガチ太陽系の一員じゃないのか・・・




ロエ2「ボクたちが、初めてだよ。
ボクたちが、この景色を見る、最初のインキュベーターだ」
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]

ちょうど今、相対論の本を読んでるんです。

反変・共変ベクトルと縮約の意味がだいたい分かって、エネルギー運動量テンソルが出てきて
いざ一般相対論に入ろうとしてるところで

紅莉栖トッフェル記号とか出てきて、ちょっとオーバーフローしそうなんで一日一日自分を寝かせて記憶を熟成させたりしてたんですけど


そんな中、3度目の胃カメラをすることになりまして。
もう平日から胃のドライブレコーダーをつけといてほしいです。主にストレスのストックとフローを監視してもらいたいなー

パブリック変数は1日単位、プライベート変数は1分単位くらいぐらいで。


胃のこと考えてたら、そもそも胃ってストレスじゃなくて食べ物をため込む場所だよねって
そう思ったら急に胃の中に流入する食物やらストレスやら、流出するモノゴトやら
今溜まってるモノゴトやらが連想されて、ああ、これはあれだな

(ストレス;食物x、食物y、食物z)の四元豚からなる四元(よつもと)ベクトルなんだなぁって思えてきて

四元数っぽくバリューをセミコロンとカンマでセパレートして書きましたがクォータニオンとは相いれないと思うよ!?


そういえばさっき間違えてストックじゃなくてスタックって書いたんですよね。

どっちが正しいのかぐぐってたら、オーバーフローとかスタックポインタとか懐かしい誤検索ワードが出てきたりして

すべての学問はつながってるのかもなあとか思ったような思わないような



それにしても行列って線形ならめっちゃ強いのに非線形にやたら弱くね?

ってぐぐったら、どうも僕が知らないだけで
非線形のための近似した行列演算の方法も結構開発されてるみたいですね。
もちろん計算機科学でしょうけどね。


ぶっちゃけ一般相対論自体が非線形連立微分方程式なんでしたね
そりゃぁ解きたいわなぁ需要有るよなぁ

10元(とおもと)2次(ふたよし)方程式?



マックスウェル方程式がいまひとつに!なった瞬間は何度でも感動できるし、当面の間は何度でも忘れられると思う!
いきなり計算量がぐっと増えて、なおかつその内容をいきなり略されちゃったらそりゃぁ意味も分からず形式的にもなるって。
急すぎるんだよ増えるのも減るのも!練習するだけの需要と供給を残しといてくれ!

式の数、項の数自体がキャリーフラグ、ゼロフラグ出しちゃうよ!


なんちゅうかメタだなぁ

メタといえばダジャレだけど
重力子とダジャレのメタさを戦わせたらどっちが勝つのかって考えたら
悔しいことに圧倒的にダジャレのほうがメタいと思うんですよね。


だって重力子はあくまで物理法則のうちの1つの中でしか動けない存在なのに
ダジャレのほうは世界の論理構造すら打ち砕くかもしれないんですよ
かないっこないですって



四次元がゆがむのか・・・そのうち僕のシミュレーションリストに載せられる日がくるのだろうか・・・とりあえず相対論のためだけにプログラミング恐怖症を直しましたとか・・・まあそれはそれで僕の恐怖症克服対策としてはかなり最適な方法のような気もしますが。

アホなことでトップ目指すのとかっていいよね。
それがくだらなければくだらないほどいい、一番すごいことをすればいいですニャ
一番ではないな
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
8
24 27
28 29 30 31
ブログランキング
ブログランキング参戦中
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 漫画ブログ SF・ファンタジー漫画へ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
よかったらポチッとお願いします^^
最新CM
[12/01 量子きのこ]
[11/06 NONAME]
[10/12 量子きのこ]
[10/11 にしもり]
[10/05 量子きのこ]
プロフィール
HN:
量子きのこ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/04
職業:
WinDOS.N臣T
趣味:
妄想・計算・測定・アニメ
自己紹介:
日記タイトルの頭についてるアルファベットは日記の番号です
26進数を右から読みます
例:H→7番目、XP→15(P)×26+23(X)=413番目。
A=0とする仕様につき一番右の桁はAにできませんのでご了承くださいズコー
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析