忍者ブログ
20080511~ 13と7と11の倍数の論理積は13と7と11の積の倍数である。 和ァ・・・
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
ラブやんの作者によるコミック版では若干描かれたものの、アニメオリジナル版では結局噂程度にしか描かれませんでしたね。

ダイガードの話な。


しかしなんだ、百目鬼博士が言ってた「パラレル―ワールド」の解釈がよくわからなかったですね
そのパラレルワールドはいくつあるのでしょうか
「ヘテロダインの世界」というものが「現実」とコンビ(あるいはトリオ)で存在するのだとしたら、
死後の世界や天界・魔界などと取ることもできそうな気がしなくもないですが
無数にあるとしたらその解釈は難しくなりますよね。


ヘテロダインの発生するメカニズムを「世界同士のの地震」→「界震」と呼んでいましたが
フレンズ化も同様に、世界線の移動と考えると、妄想が広がりまくりんぐですな



ジャパリロボなんていうMMD素材もできているようなので、
よかったら今度誰か、ジャパリロボにノットパニッシャーつけてやってください^^
だってあのジャパリロボ、すごくリアルロボット感あるんだもんwwww大きさ的にもパトレイバーみたいな感じがするwwww
っていうか色々混ぜて夢の共演とかしたらマーゲイが喜びそうです

そうですね、やっぱりここはひとつ、ジャパリロボを履いてスカートを履かない、もふもふ尻尾のストライカーユニットみたいなフレンズをですね




「空飛ぶセルリアン・・・いったいどうなってるんだ」(CV:げんださん)
もいいですよねぇ

「今度は履っ帯軌道で動くんだぞぉ~(タイムトラベル可)」とか


人型履っ帯軌道(有限だが果てはない)、ああ、これはロマンの塊じゃのう

拍手[0回]

PR
この審査の趣旨を・・・趣旨を説明してくれ!


異世界転生モノをNGとする審査の趣旨は、おそらく書き手と読み手の育成にあるのだと思う

だとするならば、オチとして「異世界転生モノでした」とするものを拒むルールなどザルであって全然問題なかろう。


ただもし、本当に娯楽資源が枯渇していて
異世界転生以外まじでない!

っていう状況なら、異世界転生モノへの洗練を急いだ方が効果的なのかもしれない。

たとえば「このすば」のように、余計なものごとへの配慮がいらないことで
丁寧な作品が作れるのであれば、それはそれで手だとは思う。

たとえていうなら「コアのある敵が出てくる作品は名作」フラグとでもいえるだろうか。


本当に枯渇していれば、の話だがな!!!!
この手の資源は、ほかの資源よりもはるかに、枯渇しているかどうかが本当に見えづらい。

まあそのための「十人十色だから惹かれあうの」なのだろう。

異世界転生モノに特化した会社があってもいいし
異世界転生モノをNGとした会社があってもいいし
そんなもんどうでもいいと興味も審査もない会社があってもいいし。


しかし、たとえば命と価値を限りなく軽んじる、
「多様性を失う多様性」も、たどり着く1つではあるだろう。

そのために、生物と人類の、少なくとも2重、もしかしたら世界線の3重の丁寧なゴリ押しでセーフティネットが構築されているのかもしれない


モノマネをする側、される側が嫌がる根拠となる依代を失って
失ったのなら嫌がる感情をそろそろ消してしまおうか、という選択を取ったとする


どのような社会が成り立つだろうか。
あるいは成り立たないのだろうか。
このちょっと特殊な社会では、競争が起こりうるのか
競争が起きないことで、げんじつちほーとは真逆の、「競争がない」ことによる弊害
が起きないのだろうか??それともユルい競争は残ってくれるのだろうか






ガリバーボーイの世界観は結構好きでした。
最初、観測者としての視聴者だけが異世界に転生するスタイルで始まり
最終的に、フィクションのほうが現実の過去にすり寄ってくるあの感じ。

まあ、当時の僕にはインパクトがでかかっただけで、物語としてはよくあるものだったのかも
実際、日本の神話的な歴史がそうですしね

拍手[0回]

ジャガー「おーい!ゆずこー!」

ゆずこ「ココダヨー!」

ジャガー「どこだー!?ひゃん!?」

ゆずこ「ここだって!」

ジャガー「ん?目を凝らせばなんとなく見える・・・」

ゆずこ「あ、もしかして、唯ちゃん、いまネコ科?ヒト科?どっち?」

ジャガー「いまネコ科だわ。あ!RGBのRの感度!」

ゆずこ「しのう」

ジャガー「待て待て!今フレンズ化するから」

ゆずこ「よかったぁー!唯ちゃんがちゃんと見えて。」

唯「もう死なないか?」

ゆずこ「うん。死なない」

唯「よーしよし死なない死なない。よかったなーゆずこー」

ゆかり(ヘムーSBJK)「唯ちゃん、ここにサンドスターがあるでしょー?゚ω゚(DFE)」

唯「ん?食べていいのか?」

ゆかり「たっくさん食べてー?」

唯「ゆずこ・・・なんかこうすごく・・・お前を食べたい!

ゆずこ「んもう唯ちゃんったらー・・・はっ!?これは性的な意味ではない!捕食的なほうだ!ゆかりちゃん今なにしたの!?」

ゆかり(DFE)「サンドスターをあげたよー。フレンズはウンチするんだっけー?」

ゆずこ「しないね・・・」

ゆかり「子供は生めるんだっけ?」

ゆずこ「メスしかいないからそもそも、出産の穴と排泄の2穴が省略された無孔類であって・・・生命ではない!(ただし廃熱はする)」

ゆかり「無生物にサンドスターが当たると~?」

ゆずこ「今の唯ちゃんは、セルリアン!?」

ゆかり(DFE)「ふっふっふー↓」

ゆずこ「ゆかりちゃん、どうすればいいの!?」

ゆかり「そこにサンドスターがあるでしょー?゚ω゚」

ゆずこ「もうその手には・・・!はっ!動物→フレンズ→無生物→セルリアン→動物の無限ループか!」

唯「ニャー」

ゆずこ「ゆかりちゃん・・・なんかこのジャガー、変だよ?ただの猫にしか見えないんだけど」

ゆかり(へヮへ)「はい、サンドスターをあげてね?」

ゆずこ「本当にそれでいいの・・・?」

猫「いや、私は早く浴びたいけども。ゆずこがよく見えない」

ゆずこ「しゃべったあああああ!?」

ゆかり「そりゃしゃべるよ、動物だもん。ゆずこちゃん、どこの世界線からきたゆずこちゃんなの?」

ゆずこ「あれ?げんじつちほーのリーディングシュタイナーがちょっと発動しちゃったのかもしれない」

拍手[0回]

けものフレンズ きんいろモザイク
 ゴーギャンの絵がどうかしましたか?

かばん「サーバルちゃん… 見るからにダメで、 何で生まれたかも分かんなかったぼくを受け入れてくれて、 ここまで見守ってくれて ありがとう… 元気で… 」

わかる!



シータ「あなたはいったい誰?」
ムスカ「それさえも我々の科学力ではわからないのだ」

わからないんかい!



この反応の差

拍手[0回]

反転の概念を加えると、六角形になってしまう。(x^6=1の複素解)

と思う。


言い切っていいのかどうか悩むのは
以前読みかけた数学ガールのガロア理論のところで
ラングランズ双対群・・・じゃなくて、ラグランジュでもなくて、なんだっけ
なんかこう感覚的にやってると落とし穴にハマることがよくある
ってことを見た覚えがあるからだ



それが大事 固有値 固有ベクトル 対角化 グラフ理論 有向 重みナシ シンプル


つまり、
x^6=1の6つの複素解は、w=(-1+i√(3))/2(の複素共役)とべき乗と、その逆の符号ですべて表しきれるということ

反時計回りに
-w*
w
-1
w*
-w
1



ちょっと油断したら体を冷やしてしまって、飯食ったから喉の痛みは和らいだが
まだ頭痛が割りとひどい。さっさと寝よう。今日通院して、明日も通院なんだ。
ついでにいうと今週の金曜も通院で
来週の水曜は1年越しの通院なんだ




追記5/17+5:44
思い出した!
ラグランジュ・リゾルベントかもしれない!

拍手[0回]

昨日まで8日間、海外旅行に行ってて、海外から「日記の予約投稿できてるかなー?」って、か細いながらも日本よりは先進的なWi-Fi環境で見守っておりました。


いきなり先週の月曜日の投稿がミスってましたね。一日慌てました。
今確認したところ、「5月8日」公開にするところを「5月18日」に間違えて予約していたようです。



以下のような内容でした。
========
5日の信号源を、ステップ関数から矩形波に変えてみました。




デューティー比50%の振幅1、周期5秒かな


まあ結果はおとといと変わんないんですが。


周期を2秒にすると、ちょっと変わりましたね。

拍手[0回]

ちょっと・・・?不格好だけどシミュレーションできた記念!それと時間がない!
RC回路の過渡応答です。


どうも、今まで失敗してた原因は、各部品の極性を意識してなかったのと
端子同士をつなぐ順番とかにあったようです。

抵抗・キャパシタンスにもちゃんと極性がある設定のようで
グランド側を白ポッチにする必要があるみたいです。

それと、電圧計などの計器類へのつなぐ順番も、黒ポッチから先に接続するのかな?

拍手[0回]

って終了するfor文やらwhile(ブレイク)文つきの、プログラマブルプレイリスト(矛盾?)がほしい。
ダカーポ?的な?


それか、プレイリスト内の曲をドラッグ&ドロップ(スワイプ?)でコピペできる機能があればいいのになーっていつも思う。
毎回DBから疲労の疲れるわ

「取りこみ」の対象が曲だけじゃなくプレイリストそのものでもいいんだろうけどね

拍手[1回]

 7日の日記はちょっと間違えてましてね

こうじゃなくて


こうでした。



その上で、「それが大事」の状態遷移図をグラフ理論にした概念図がこれです。

それが大事 状態遷移図 アルゴリズム フローチャート グラフ理論 有向 重みなし
隣接行列 非負行列 単位行列 マトリョーシカ 行列のべき乗 6を法としたモジュロ演算

数学 線形代数 非対称行列

拍手[0回]

純粋なLC直列回路に電池をつなげてみたときの共振状態です^^
たーのしーですねー!

これがブロック図

これが応答

拍手[0回]


ここ数日の、Xcosでシミュレートしたものがどんなモデルなのかを考えてみましょう。


  
積分前の関数をf(t)、積分後の関数をg(t)としてみますと

以下のような連立方程式が成り立ちます。

 
ここで、Aは増幅度(時定数の逆数)、U(t)をステップ関数とします。

関数f(t)を消去すると
 
が成り立ち、両辺を微分して微分方程式の形にしてやると


このようになります。


この微分方程式の意味するところは

速度の1乗に比例した空気抵抗を受ける落下速度のふるまい(終端速度)や

図のような直流RC回路のキャパシタンスCの両端に発生する電圧(抵抗とコンデンサ)、

図のような直流RL回路の抵抗両端に発生する電圧(抵抗とインダクタンス)
の、スイッチを入れたすぐあとの過渡応答(というか定常状態)そのものを表しています。
(このシミュレーション結果自体はうごかないみたいですが、あくまで図面作製ツールとして楽をしたかったのです!!!!)


一時はオペアンプで再現しようかとも考えましたが
積分回路や反転増幅回路などを使用して煩雑になると思い

あるとき出力結果を見てピンときました。
もっと簡単にモデル化できる現象だなと。

拍手[0回]



ところで、この負帰還の増幅度は実は時定数の逆数なんですが
時定数を大きく、つまり「増幅度」を小さくしてやりますと(-1.25→-0.5)

ほとんど比例的、もっというとバイパスコンデンサなんかでバイアス成分(オフセット)を取り除くと、ほとんど三角波として出力されることがわかるかと思います



逆に時定数を小さく、つまり増幅度を大きくすると、ほとんど矩形波のまま近似されて出力されます。
(入力パルスの振幅や、スコープのy軸単位なんかを調整しないとうまく出力されないかもしれません)


拍手[0回]


非負行列 ペロンフロベニウスの定理 有向重みなしグラフ理論 隣接行列
行列のべき乗 単位行列のネスト 6を法とするモジュロ演算

拍手[0回]




scilabに計算してもらったよ!


scinotesの記述は以下です!

========

A=[zeros(5,1),eye(5,5);1,zeros(1,5)]
A^2
A^3
A^4
A^5
A^6
[P T]=spec(A) //固有値・固有ベクトルを計算してます
T2=[T(1,1),T(2,2),T(3,3),T(4,4),T(5,5),T(6,6)]; //固有値行列の対角成分を抽出
Targ=atan(real(T2),imag(T2))*180/%pi //対角成分(複素)の偏角の調査(deg単位)
Tabs=abs(T2) //対角成分の絶対値の調査
Parg=atan(real(P),imag(P))*180/%pi //固有ベクトルの偏角の調査(deg単位)
Pabs=abs(P)*sqrt(6) //固有ベクトルのノルムを調査(6つあるので√6を掛け算)



=======
以下計算結果

べき乗計算


固有値・固有ベクトル計算


ただ、これだとわかりにくいので、極座標にします。




つまりこういうことっすね。

ちなみに†マークはエルミート共役の意味で、転置して複素共役をとる演算を意味します。
Pがユニタリなので、Pのエルミート共役は逆行列になるんです。





追記7:53間違えたあああああ><
ここの部分
Targ=atan(real(T2),imag(T2))*180/%pi //対角成分(複素)の偏角の調査(deg単位)
Parg=atan(real(P),imag(P))*180/%pi //固有ベクトルの偏角の調査(deg単位)
実部と虚部が逆でしたああああごめーん!
正しくはこうです
Targ=atan(imag(T2),real(T2))*180/%pi //対角成分(複素)の偏角の調査(deg単位)
Parg=atan(imag(P),real(P))*180/%pi //固有ベクトルの偏角の調査(deg単位)
したがって結果も違ってきます。


なお、Pの偏角を求める際に、cleanという「誤差を丸める」演算を追加して見やすくしています

Parg=clean(atan(imag(P),real(P))*180/%pi)

こんな感じで。



T^nの1行目1列目、(-1)^nを書き忘れたので、各自読みかえておいてちょうだい。ごめん

拍手[0回]

これ↓ができあがるまで組み上げてみましょう。



まずは増幅器(定数倍)から。
数値計算のところのGAIN_fを貼ります。ほかにも色々GAINがあるのですが、とりあえず_fでいいみたいです。



次に、ステップ関数を貼ります。
「信号源」から選んでやります。


次に、時間シミュレーションのための時計を貼り付けます。これも信号源からです。
赤矢印と黒矢印の時計がありますが、赤矢印のほうを使うようです。
クロック_cと書いてあるやつのようです。



信号を混ぜるための、アナログ加算器を貼ります。入力が3つあるようですが、ここでは2つしか使いません。数値計算のパレットにあります。



積分器を貼ります。「連続時間システム」のところにあります。
何の略かはわかりませんが、_mとついた積分マークを貼ります。



観測者を用意します。
「出力・表示」のcスコープとかいうやつですね。
赤矢印1つ、黒矢印1つのやつです。



 
増幅器に、逆に向いてもらいたいので、増幅器右クリックで、「反転」させます。



黒矢印・赤矢印同士をつなげて、システムを構築します。
線の途中から線を引こうとすると、普通に線が分岐します。
斜めになっても、つながった時点で大概まっすぐに直してくれます。


増幅器マークをダブルクリックして、のGAINをマイナス1.25倍にします(負帰還)
 

 


システムができあがったので、細かい設定に入ります。

まずはステップ関数の設定をしましょう。


次に、スコープの設定をしましょう。
最小マイナス2、最大2になるようなグラフにしたいので、このように記載します。
また、先ほどは5までの時間でステップが発生する仕組みでしたので、その2倍の10までの時間スパンで見てみることにします。


最後に、「シミュレーション→設定」から



積分終了時間を設定して、実行すれば「➡」(こんな感じの再生ボタンがあるはずです)





以下の過渡応答ようなグラフが現れるはずです。
 


僕も習いたてなのでわからないことだらけですが
どの部品がどのジャンルのパレットにあるのか、ちょっと紛らわしい気がしますね。
あと、貼るべき部品もちょっと紛らわしいです。
積分や時計、スコープや増幅器の部品がいくつかあるので、どれを使ったらいいのか迷いそうです。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
8
24 27
28 29 30 31
ブログランキング
ブログランキング参戦中
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 漫画ブログ SF・ファンタジー漫画へ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
よかったらポチッとお願いします^^
最新CM
[12/01 量子きのこ]
[11/06 NONAME]
[10/12 量子きのこ]
[10/11 にしもり]
[10/05 量子きのこ]
プロフィール
HN:
量子きのこ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/04
職業:
WinDOS.N臣T
趣味:
妄想・計算・測定・アニメ
自己紹介:
日記タイトルの頭についてるアルファベットは日記の番号です
26進数を右から読みます
例:H→7番目、XP→15(P)×26+23(X)=413番目。
A=0とする仕様につき一番右の桁はAにできませんのでご了承くださいズコー
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析