忍者ブログ
20080511~ 13と7と11の倍数の論理積は13と7と11の積の倍数である。 和ァ・・・
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

もうちょっとでゲートだよ




あれもヘテロダインセルリアンですか?


えー!?へしがないよ!なんで!?


サーバルさん、セルリアンのうしろに!



ほら・・・!ほら!
秘儀!レペティションサイドステップ(反復横跳び)
めちゃくちゃ見てるよ!向こう向いてよ!



オープン・ザ・ゲート!オブ・・・


(コンティニューマーク描くの忘れた)セル~ン!セル~ン!セル~ン!
ゲルバナ!!



パカァァァン!!!



「すっごーい!なにあれなにあれ!?ヒューって空を飛ぶやつ!あれなにー?」

「ゲートエンジンのこと?作ったんだけど」

「作ったーー!?」

「たぁぁぁー!そんなわけないのだ!この帽子の子はさっき生まれたばかりのフレンズなのだ!」

「あなたたちは?」

「アライさんなのだ!」

「フェネックなのさー」

「ボクはかばんです。こっちはサーバルさん。」

「アライさんはねー、さっき生まれたばっかりのかばんさんがゲートエンジンなんて代物を作れるわけがないって言ってるんだよねー」

「初めまして、僕は、ゲートエンジンだよ」

「うわあああああ!しゃべったぁぁぁあぁ!」

「ゲートエンジンは、その昔、ヒトが開発したといわれているよ。そして、かばん、君は、そのヒトの体毛から生まれた、ヒトのフレンズだよ」

「ボクは、ヒトのフレンズ・・・」

「その中でも、特に、ゲート能力者のフレンズだったようだね。君のゲート能力はゲートオブゲルバナ。すべてのゲート能力を、どの時間・空間にかかわらず召喚できる能力だね。」

「ああー、それでここにあったゲートエンジンがたまたま作動したのかー」

「君を生み出した体毛の主は、遊ぶことが大好きだったようだね。だからバナナが出てきたんだ。
食欲も旺盛だったみたいだね。遊んでいるうちに、すべてのゲート能力者の始祖となるタイムマシンを開発してしまったようだよ。」

「カレーうどんを作ってほしいのだ!」

「アライさーん、でもカレーうどんは汁が」

「気を付けても無駄だから、もはやノーガードなのだ!」

「僕というゲートエンジンは、君が生まれた体毛の主によって、はるか昔に作られたものだね。」

「ゲートエンジンってたくさんいるんだよ!」

「サーバルさん、詳しいですね!」

「えっへん!あ、そうだ。なんでバナナは緑色だったの?あれじゃ食べられないよぉー」

「おそらく、カーブラックホールの特異リングを通る際に、圧縮に耐えられなかったんだね」

「カーブラックホールってなに?」

「回転してるブラックホールのことだよ。」

「ブラックホールってなんなのだ!?」

「エネルギーや質量を、一定の範囲以内に押し込むと、時空が耐え切れなくなって、なんでも吸い込んでしまう天体になるんですよ。その天体をブラックホールって呼ぶんです」

「回転している意味はあるのー?」

「はい。ブラックホールはなんでも吸い込んでしまうので、物質が中心の特異点に集まります。そこは回転しないブラックホールの場合は点のはずなんですが、回転していると、遠心力の影響で、特異点がリングになるといわれているんです。」

「特異点がリングになるとなにがどうなるのだ!?」

「さきほど、ボクが”空間”ではなく”時空”が耐え切れなくなると言ったのを覚えていますか?空間と時間を併せて時空と呼ぶのですが、ブラックホールでは、空間と一緒に時間もひずむんです。だから、ブラックホールの近くに行くと、空間だけでなく時間まで、周りの人よりも大きく旅をできるんです」

「なるほど!それでタイムマシンなのだ!」

「そういうことです。ですが、基本的にこれが使えるのは未来へのタイムトラベルのみで、過去へのタイムトラベルとなると、難易度が急に高くなるんです。そこで、回転しているブラックホールのリング状特異点のわっかの中を通るというアイデアで解決しようとしたんです」

ブラックホールには体毛が3本しかないといわれているよ

「毛があってよかったねえ」

「はい。質量・回転、そして電荷の3本と言われています。」

拍手[0回]

PR
ビルド「俺の顔、どっかで見たことあるって?」(グラビトン)

フォーゼ「なんつったっけな、と、と・・・」(グラビティーノ)

ビルド「え?なんだって?きりゅうせんと?」(グラビトン)

フォーゼ「そうだ!きりゅーふーと!お前フートボトルのふーとくん!」(グラビティーノ)

ビルド(万丈龍我以上にさっぱりわからないHAHAHA 重力以外で見えない魔球かよ)

拍手[0回]

いつからか中身の一部または全部が入れ替わってたりとかするのかな・・・


ダイ・ガードはフィクションだったから、キャラにガチの悪者がいなかったんだけどねえ


動物園とのコラボ企画を全うせにゃならんのもわかるが
やり方がなあ・・・中の人みんなおんなじなんだろうかってうたがってしまうわ


やりたくもないやり方、やらされてる側もつらいだろうに

拍手[0回]

でもアニメが乱立しすぎてるのも確かだ。

良質のアニメを大量に生みだしたら、視聴者の目が肥えてしまうし
娯楽的資源の枯渇までの寿命を速めてしまうだろう

娯楽を得意とする国(娯楽輸出率の高い国)が、国土あるいは人口あたり
何作品まで作れて、それ以上は作れないというルールでもあればいいのだろうか


しかしそうすると、良質と判断するまでに最低1クールのタイムラグが発生してしまう?
それとも、今まで通りタイムラグなしでホットな話題を取り入れつつ
面白くなかったら結果的にペナルティ的なことをすればいいのだろうか?


まるで少年ジャンプのアンケート制度のようにも思える・・・うーん


ただ、その辺の判断はなんとなく、人間じゃないほうがいいような気がする。
AIも自我を持ちそうな高性能なやつじゃなく、もっとこう従来のっていうか人工無能っていうか
ソフト性能の低い奴のほうがたぶんいい。

判断するのは人間なんだけど、それを集積するのはただの機械っていうか

拍手[0回]

けもフレは出る杭だったのか?いや違う。ほかのアニメの尻が出っ放しだったんだ。
出る杭が打たれない社会を作る前に、出た尻をちゃんと叩く社会構造が必要だ。
相対論じゃない。視聴者という絶対的観測者がいるんだよ。つまらない!


「やればできるのにやらない。」
こういうと、アニメ界の発達障害として名指しされてる感じも否めないが


たとえば「お布施システム」というのはもう誰か試しただろうか?

「一人1円からでいいので、いいなと思ったら募金ボタンを押してね。」
(ただしその後の責任は受け付けないよ)


とかそういったシステムで、腐った大企業離れを促進する構造が作れないだろうか


あるいは、大企業がテロをしかけそうになったら
テロ対策で、振り込めない詐欺で対策するためのガイドラインを制定するとか。


1期をまず作る投資が必要だから、そこは大企業に寄生するわけだ。
それから、2期の余裕が出てきて、大企業が触手を伸ばして来たら、
振り込めない詐欺にチェンジして、クーリングオフすればいい

とかそういうの。


明らかに大企業に不利だけど、そこは「あんたでかく育ったんだし我慢してね」って法案

でもそれだと、ギリギリ中小企業の定義に収まる、いわゆる脱税みたいのが蔓延してしまうかな


いやそれとも、そのころには通貨の価値が物々交換レベルまで曖昧に衰退してるから大丈夫だったり?


通貨の価値がきっちりしすぎてるのが問題なのかもしれない
もし、通貨の価値がきっちりしていなかったら
ほかに、時計のきっちりさを要求してくる要因ってなんだろう?
時間もそんなにきっちりすぎなくていいんじゃないかとも思うんだけど。一部の研究をちゃんと除けるか!?

拍手[0回]

こんなところでアルゴリズムの真相に出会えるとは。


同じくけものフレンズの朝番組としての再放送時に持っていた違和感が解消された。


「アリツカゲラ」とかがトレンドに並んでいるのに「けものフレンズ」自体が上がらないのはおかしい、とは思っていた。


日微分(時間微分?)なら、「今日は」とか「こそあど」とかを特別視しなくても除外できる。
よりシンプルなアルゴリズムで記述できる。

拍手[0回]

ダイ・ガードの広報二課その他もろもろの主人公たちをフレンズに割り当てて、
SSを作ろうと思った時期があったんですが

わりとシャレにならない事態になってきたので、やらなくてよかったのかなと・・・


特にノットバスターが回収されるくだり・・・


実はこれ、忙しい人のための地球衰退要請ケモ・ガードOPの準備のために作っていたものだったのです


まあなんというか、十人十色のウィルウェアをタイバニのスーツでやろうとか思ったりもしてたんですけどね


本当に「未来はどっちだ」状態になってしまうとは・・・orz


まあ、それでも、することがなくて、やる気もでないときは
MMDいじってたら少しは気はまぎれるかもしれないので
組み立てる抗うつ剤としては効果はあるかもしれません。認知行動療法的な意味で。


認知行動リョーホー!(櫟井唯)

拍手[0回]

生きているうちに散々「なにいってんだ」扱いされた人物がいた。その人物をAと呼ぶことにしよう。

しかし晩年になってAの言ってることがだんだん世間に流出し始めた。噂程度だが。


Aは死後、検体に出された。

それから数百年・・・人類は超光速を獲得した。

その直後にわかったことだが、Aの脳内に、当時ではありえない情報があふれていたことが判明した。

宇宙の地平面の外側にある構造が、なぜかAの脳内にはあったのである。

またAは、常日頃から他人の心の中が読めていて、そのことに自身は疑問をまったく抱いていなかったことがわかった。

Aのおかしな言動は、宇宙の地平面や世界線をも超えた、地球人類そのほかの知的生命体の、常日頃考えていることのランダムな代弁だったことが判明した。


あとからわかった話だが、超光速技術を人類が獲得した原因は、
未来の人類がAの脳のサンプリングデータを過去の人類に手渡していたことに起因する。

拍手[0回]


ハシビロコウ「知と無知の重ね合わせに成功した!」





とりあえず、けものフレンズの新作アプリは、レビューをまったく見ずに、入手してプレイしてみることにした。
アニメの2期も、面白かったら見るし、面白くなかったら見ない、ただそうすることにした。
しばらくはコメントを非表示にしておこう。スマホのブラインドタッチできないクソ入力システムだったら再生数を視界の外に置くこともできるし。

幸か不幸か、2人いる神の半神である吉崎さんはいまのところバカドカワから離れていないし
まあそういうことならまだ見れるんじゃないかなと。

まあバカドカワに限ってほぼありえないだろうけど、野生のたつきがたつき2号として社会人入りして監督を務めるなんて采配もあるかもしれないし
神はまだ半分いるんだ。半分しかいないんじゃなく、半分いるんだからもう少し様子を見たい。


たつき監督の実力が発揮されたところは、何もないところからの1期制作が一番大きかったのではないかと考えている。別の世界線に行かなくとも日本とはだいぶ環境の異なるケニアに住んでいたことで、無知の知と知を共有でき、それが1期の成功につながったのではないか。

2期以降は、アニメの創造神がいなくても、管理がしっかりしていればなんとかなるかもしれない
2次創作を見る限りだと、そういう風にも取れると思う。


僕自身は、動物にあまり詳しくない。
ジーンダイバーやバーチャル3部作を見ていたときはそこそこ生物には興味があったが、高専に通っていたときに、生物の授業の選択権すらなかったので、NHKスペシャルぐらいの断片的で定性的な知識しか持ち合わせておらず、知識収集も諦めてしまった。


そうであれば、僕はどうしてけものフレンズを見続けるのか。
特に意味などなく、面白かったら見る、それだけだ。




それはそうと、あるサイトで見かけた
「たつきはたつきの、吉崎は吉崎のけものフレンズを作れば?」というのは、進化の分岐をメタにした感じで、なかなか面白い試みなのではないか。


おそらく、たつきさんはバカドカワと不仲になっただけで、吉崎さんとは不仲になっていないのだろうから
だとしたら、現状のルールのままでも、2つの「けものフレンズ」が存在してもいいのではないだろうか。

そして、ミアキス(複素行列)からネコ(複素数)とイヌ(行列)に分かれたように、お互い切磋琢磨しあうというのはどうだろう?


このような、派生型コンテンツ展開というのも面白い試みなのではないか。
元々、アニメが群体のような感じなのだから、いつかガンや炎症が起きることを想定して
分離可能な状態にしておく。
なんとなくアメリカンなヒーローにありそうな構造のような気もするが
こういうシステムも導入したら面白いかもしれない。


名前に関してはどうしよう。
遊戯王などは直列なんだよな。
並列で展開できる感じの・・・なおかつ、同じ名前を共有するわけだから、視聴者が混乱しないような新しい法案があればいいだろうか?


前からサーバやゴミ箱にアップロードされるファイルを見てて思っていたんだが
「同じ名前だといけない」っていうのはユーザー本位な考え方であって
コンピュータにとっては痛くもかゆくもないんだよなたぶん。


商標登録に関しても、その辺の見直しを行ってみてはどうだろう
あまりに旧時代的すぎるのではないだろうか





それにしても、僕はたつき監督についてほとんど何も知らない。
たつき監督はなぜいつも一人なのか。コミケですら一人だったのは不思議だ。

ダークザイドに落ちないように心配しつつも
元からヤガミライト<神世界の神>かもしれんし、
本当にセイントビーストたちの一員なのかもしれない
実は知らないんだよな。

拍手[0回]

ニコ動の中で、「ドカーン」という描写に「→ニコニコ本社」「やったぜ」とかいうコメントがある不思議。


ニコ動の運営の態度に不満というのは実は最近知ったことなのだが
同じくらい
「ニコ動(あるいはニコ生)で見るのがいいんだよねー」というコメントも多いように思える。


一般に概念図といえば、似たような概念図だったら新しく開発する必要はなく
たとえばフローチャートとクラス図はまったく異なるわけで

SNSなどにもそれが言える。
まったく同じだったら会社として機能できない。


だがはたして本当にそうだろうか?

特に、インフラに限って言えば、忠実な模倣はむしろいい分散処理あるいはバックアップになるのではないだろうか?

SNSでいえば家のバックアップである。
ニコ動Aの質が腐って滅びても、ニコ動Bが控えている。
5人ワンセットの四天王は滅びる(前提で)!何度でもよみがえるさ!


しかしだとすると、インフラを管理する会社は利益を求める企業ではいられないのではないか??


ただ、その会社が腐るかどうかにはやはり経営理念などが絡んでくるので
まったくのバックアップにはどうしてもできない・・・どうしたものか



経営理念だけを派生させるクラスのような存在に
会社やその中の人間がなるというのはどうだろう??なんつって

拍手[0回]

 私は賢いので!(クラッタリング)
真正面から見るとすごく頭よく見えるし、本当はお目目ぱっちり
そしてなによりもコミュ充!

拍手[0回]

当初は一泊二日のつもりだったんですが、体力も時間もないので、せっかくの連休を利用して、片付けを本格的にやっちゃおうかなと。


まずpcの前のスペースに足の踏み場がなくなったので、pc今ほとんど使えません。
数式打てません。


スマホは、格安simだからなのか、忍者ブログと相性最悪で使い物にならないので、
昨日に引き続き、久々のKindleの出番です。


そういえばさっきツイッターで、スマホのアプリで数値計算系のなんかすごいアプリが出てるって見ましたね。なんだろう


というか、今使ってるスマホでエクセルが使えるのかどうかわからないし、クラウドとかさっぱりなので、基本pcがないと何もできないのほんとなんとかしたい。


あ、思い出した!
数値計算ってより、スペアナのアプリだった!

もう今日はこれで寝る!明日の労働ワークに備えたい



今晩も居間に泊まるよ!
ハウスダストまじ勘弁。マスクちょう有能!

拍手[0回]

jエッチ∂の/∂t=叡知の

サバルトーニャン叡知
叡知=どうぶつビスケッツ×PPP+かばん

どうぶつビスケッツ=1/(2m)
PPP=(-jエッチ▽)^2

かばん=-q/(4πε0r) (青龍ポテンシャルの場合)

拍手[0回]

人間「私の乳首はトップダウンtd方式なのよ~。ピアス穴をこうやってあけるの」

機械「私の乳首はボトムアップbu方式ですわ~。

こうやって、乳首アタッチメントを変えることで、母乳蛇口の形状をいつでも変更できるのですわ」

人間・機械「乳首スプリンクラー!
'ヮ'おんなじ、だねっ!」






「変な子たちだねs」
「個性的な方たちですねc」

拍手[0回]

ニューメリックアップダウンは基本的に整数
テキストボックスは基本的に文字列


なんつーかこう、文字じゃなくて、でも整数より広範囲で、コンピュータの性質上実数は要求しすぎだとしても
そういう中間くらいのコントロールボックスが標準装備でほしい気がするんだよ


数値計算がしやすくて、なおかつあんまり多種多様な例外が出ないでくれる感じの

中身がdoubleのやつとかさ
box.value→double(○○) こんなの


あってもいいんじゃないかなーって思うんだよね。余計かなあ?

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログランキング
ブログランキング参戦中
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 漫画ブログ SF・ファンタジー漫画へ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
よかったらポチッとお願いします^^
最新CM
[12/01 量子きのこ]
[11/06 NONAME]
[10/12 量子きのこ]
[10/11 にしもり]
[10/05 量子きのこ]
プロフィール
HN:
量子きのこ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/04
職業:
WinDOS.N臣T
趣味:
妄想・計算・測定・アニメ
自己紹介:
日記タイトルの頭についてるアルファベットは日記の番号です
26進数を右から読みます
例:H→7番目、XP→15(P)×26+23(X)=413番目。
A=0とする仕様につき一番右の桁はAにできませんのでご了承くださいズコー
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析