忍者ブログ
20080511~ 13と7と11の倍数の論理積は13と7と11の積の倍数である。 和ァ・・・
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

歩道がいくつであっても、1通りしかない
当然ながら、4乗で単位行列にリセットされる。

ちなみに{}の記号は反交換関係で、
4次行列の掛け算がめんどいので、ディラック行列みたいに2次ずつに分けた。
もちろんこう分ければ当然計算できるんだけど
こう分けたときに掛け算が定義できる方法があるのかないのか僕にはまだよくわからない。ただの行列の積しか知らんもんで、直積だか直和だかの概念がようわからんのじゃ

要素数が大きな素数だったりすると、行列の次数も連動して大きな素数になるだろうし
こういう風な分け方ができるとすごくありがたいんだけども
(とはいっても実数行列限定になるので、Excelとかに計算させれば全然負担はないんだけども
あーでも、固有ベクトルがな、複素数になりえるんだよな
まあそうなったらscilabやwolframαの力を借りればいいだけの話かもしれない)


それにしても歯が痛くてやってられん

拍手[0回]

PR
状態遷移図にできるなら、グラフ理論にしたっていいじゃない

拍手[0回]

 
このペンローズ図(シュバルツシルト解でだけは上赤(ブラックホール)下青(ホワイトホール)の事象の地平面内(亜空間?)の上か下半分が切れてるんですが)でいうと、
斜め線(各色の太線:ひし形同士が接してる辺)の事象の地平面を軸に、時間と、空間の一部が、このようにして入れ替わるのではないかと考えているのです

もちろん、空間全部が時間と入れ替わるわけではなく、極座標でいうところの「ブラックホールやホワイトホールの動径方向」と「時間」が入れ替わるのだと思いますが。

赤と青の事象の地平面内は、果たして俗にいう「亜空間」と呼んでいいものなのかどうか、よくわからないのです。


それともう1つわからないのは、アインシュタインローゼンの橋というのはこの図のどこに当たるのでしょうか
普通に考えると、我々の宇宙は黄色の四角なので、黄色と緑を結ぶのがER橋だと思いますよね。


ただ、カー解・ライスナー・ノルドシュトロム解・カー・ニューマン解では、左右ではなく上下にひし形宇宙が追加される形で拡張されて、別の宇宙への行き方が図の上下方向なんです。
じゃあER橋ってどこよ?ってなるじゃないすか

シュバルツシルト以外ではホワイトホールもいつの間にか消えますしね。なんかこう釈然としませんよね

拍手[0回]


もしかしたら初めてうまくいったのがこれだったのかも。
前に「成功してたのに」って思ったのは、光基準のだけだったかもしれない

あとは、上の世界(ブラックホール)と下の世界(ホワイトホール)の事象の特異点から先
(上の世界の上半分と、下の世界の下半分)を削れば手順としては確立かな。
まあどうせ、ライスナー・ノルドシュトロム解にしてもカー解にしてもカー・ニューマン解にしても、(亜空間の?)消えた半分は復活するんだけどさ



追記12:22
おそらく、事象の地平面の内側で時間と距離の一部が入れ替わるのは
ペンローズ図でいう事象の地平面(線)を回転軸に、地平面内外でバタンと時間と空間の一部が織り返されるからだと思う。

拍手[0回]


やっと見つけた^^

なんか某所では酷評されてるっぽいですが、僕はこれが見たかったんです
違和感は特に感じないのです、我々は楽しいので。

拍手[0回]

ポスト・アポカリプスの意味を勘違いしてたんですよ。

「優しい終末」だと思ってたんです。

ぐぐったら、「人類が滅んだあとの」って意味らしいじゃないすか。

アポカリプス=黙示録が一部の熱烈なファンにとっては破滅的な意味合いじゃないのはいいとして

ポストの意味を完全にはき違えていて、「副」的な意味で、一気に来ない、優しい破滅なのかなと思ったら
「次」とか「あと」の意味だったのね。

ポストニュートン近似ってのを聞いたことがあったから、てっきりそういう意味かと思ってました

ヨコハマ買い出し紀行が世に出た際の人類は、結構騒いでましたよね。少なくともコミック業界で目立ったポスト・アポカリプス作品はなかったような

でもそれに似たARIAは全然ポストアポカリプスじゃないんですよね不思議なことに。
(ただし、マンホーム(地球)。テメーは知らん)


ところで
けものフレンズは結局、1期終わった時点で、「ポスト・アポカリプス作品なのかどうかわからないことが判明しましたよね」


ジャパリパークが巨大な宇宙船だったら面白いだろうなあ
(胴体と手足、頭(金魚)が分離した巨大なドラゴンのフレンズ)

実は月にあるとか、日本の列島のすぐ東にあって69の恰好してるとか

あるいは鉛直にそそり立ってて、地球と月の間にいるとか

ああそういえば、サンドスターが「日差しを」コントロールしてるっていう表現は、実に深夜アニメらしいと思いました。
そのちほーが寒くなるか暑くなるか、冬になるか春になるかとかって、実は太陽からの光の平面波を地面が受ける面積が関係していて、その面積は地面と光との角度に依存するんですよ。

太陽から遠いとか近いとか、そういう理由じゃないんです。



ニコ動でコメを見てる際に、「太陽を見かけない」って言ってる方が時々いて
3DCGとして構築してる際に、そこまで考えて作ってたらすごいなぁと


まああと、サンドスター万能説とか、コア(弱点)がある敵っていうのは
フィクションを丁寧に書きたいときに、力の入れ方を制御できるんで、かなり有用ですよね

拍手[0回]

ー告 エリアパーク
今日もドッタンバッタン大騒ぎ
姿かたちも十人十色 だから惹かれあうの
夕暮れ空に指をそっと重ねたら
はじめまして 君をもっと知りたいな!うーがおー!
ららららー ららららー 月刊少女野崎くーん
ららららー ららららーらら 集まれ友達
ららららー ららららー 月刊少女野崎くーん
ららららー ららららーらら 素敵な旅立ち
ようこそ ジャパリパーク
ウーホホwwwwwwwwウーホホwwwwwwwwウーホホwwwwwwwwウーホホwwwwwwwwウーホホwwwwwwwwウーホホwwwwwwww
 
 
小林さんちのゴリラの木彫りを、XペディアCMでフライングさせるコラ画像を楽しみにしています


おはようございます

ここまで難民を救済したアニメは初めてだと言われた「ひなこのーと」を見ましたが
今後、難民救済は熱力学の必然性から、増える一方だと思うのですこんにちは。


「ここで僕のいうアトラクタフィールド(以下「「アトラクタフィールド」」と略す)」と
「ここで僕の言うスピンネットワーク(以下「「スピンネットワーク」」と略す)」の違いはですね


「アトラクタフィールド」はフィクション性を重視して、同時性が成り立っているかのような仮定に基づいているのに対し
「スピンネットワーク」は、「アトラクタフィールド」と違って
同時刻の異世界線の情報をコンパクトにまとめただけではなく
異なる時間・時刻・時代などの情報もコンパクトにまとめているという点です。



つまり、たとえば人類が2億年周期で誕生し、繰り返されていて
今は霊長類の人類、2億年後はイカちゃん人類だとします。
そのイカちゃん人類のおっぱいも人類に収束し、セックスアピールとしてのおっぱいが胸の位置にくるとすると。

あるイカちゃんの母子家庭があったとして
その母親イカちゃんが子供イカちゃんにおっぱいを授乳する仕草は
若干ゃ異なるだけなので、ほぼほぼ同じ情報として格納されるのが(自称)「スピンネットワーク」
異なる情報として格納されるのが(自称)「アトラクタフィールド」といいたいわけです。



つまり、今僕がここで言っている「スピンネットワーク」というのは「アトラクタフィールド」よりもさらに格納性の高い整頓された情報置き場としての宇宙ということになります。



そうすると、「ひなこのーと」という最先端の難民救済アニメは、難民の出口でもあり、入口でもあるということです。(JIN難民救済)
というより、難民はプランク時間だけ発生し、不確定性原理の及ぶ範囲でだけ出てきてまた自然に帰ったので、実質「存在しなかった」ということになります。
(ただし、仮想難民ボソンの作った力場は保存力となります)



さて、このアニメは化けてくれるでしょうかくれないでしょうか。

答えは誰にもわかりませんが、そのヒントは、このアニメが参考にしたかもしれない、「ごちうさ」にありそうです
ごちうさ1期のEDはかなり低予算な感じでした。
おそらくみなさん察しているかと思いますが「狙いすぎてウケないだろう」と踏んでいたからだと思うのです。
しかし、結果的に「狙いすぎてもウケる」ことが証明されてしまいました。

つまり、「勝利の方程式」が実在したりしなかったりすることがわかったのです。
必ず存在するとは言っていません。まったく不在ではないといっただけです。

つまり、「ひなこのーと」には勝算がまったくないわけではない、といいたいのです。
(アンチョビ並感)


ところで、ニコ動、とりわけニコ生ではない一週間無料の枠で放送してしまうと
円盤の売れ行きが伸びないというジレンマめいた法則があるらしいですね。


そのため、最近は「2話以降は最初から有料」で「無料で見たいならニコ生でどうぞ」というスタンスが増えてきたと思います。


このような流れを取り始めたばかりの作品として、「ワンパンマン」などが挙げられると思いますが
誰だって先駆けは異端視されるものです。
しかし、異端視されている以上、時代錯誤なのは当たり前なのです。

無料で読める原作があったりするのに、どうしてアニメはニコ生だけなのか?
当時は不思議がる人も少なくなかったと思います。


また、今期の(深夜)アニメはほとんどニコチャンではやっていません。
それどころかニコ生にすらないことも珍しくありません。
ほかの動画配信サイトにならあるということが割りとあります。


もしかしたら前期の「亜人ちゃん」はこれを予期していたのかもしれません。
それにしては配信元が1種類しかない、自信作にしては妙な展開力でしたが。




このような「情報インフラ」は、「情報」を扱っているだけに
水道やガス、電力などのほかのインフラより情熱力学における比情熱が極端に低いという特性があるようです。
逆にいうと、経年劣化をあまり意識する必要がないようです。

情報インフラの世代交代は、人間のライフサイクルにいともたやすく食い込んできます。
SNSも同様で、いくつか併用していないとウカウカしてられなくて、いつの間にか自分のいるSNSがゴーストタウンになっているなんてことがよくある時代になりました。

テレビという情報インフラはむしろ、よくここまで持ちこたえてくれたと、ありがたがれてしかるべきなのかもしれません。

拍手[0回]

ごちうさ成分が強いけど、色んな日常系アニメが混ざってる。
過去も、たぶん未来も、どの世界線(いま)も越えて、今ここに混ざってる。
スピンネットワークとかそういう着想って、実は日常系アニメから得たんじゃないかってくらい

拍手[0回]

ジーンダイバーの次はナノセイバーのアンドロノートかよ!って思ったのが率直な感想です

拍手[0回]

「語る宇宙(時空を超えて)」のタイトル通りの面白さでした。
時々脇道に逸れて、万物創世紀(後半)やMMRみたいな感じになることがあるので
僕はそっちはあまり興味がないんです。


特に、「脳はハッキングできるか」の回は、具合が悪くなって、何度もリタイアしそうになりました


まあ、各々の研究者が統一感なく持論を語る視聴者おいてけぼりスタイルは相変わらずカオスで胡散臭いんですが
ワープドライブとワームホールを分けて説明してくれたのはGJでした。

米国面?としてはオシドリ夫婦やジャガーの模様並みに常識なのかもしれませんが、日本人にとってはこの辺はかなり危ない認識なのです。


ただ、どちらにしろエキゾチック物質が必要になるようですね


光速変動理論(VSL)の著者が案の定出てきました。^^
驚いたのは、先に観測結果の紹介から入ったことです。
実際の順番はどうあれ、すでにそのような観測結果があって、それに理論が賛同している
と見せるスタイルはなかなかよかったと思います。
というか、そんな観測事実があったこと自体びっくりでした。



時々用いられるたとえ話のせいで、何をいってるのかの厳密性に欠けるのはよくあることなので仕方のないことでしょう。


確かVSLの本「光速より速い光」のタイトルを見たのはもうかれこれ15年以上前の
大学生協の書店だったでしょうか

実は読んだことがなく、著者の名前もよく覚えていなかったので
録画を見ながら、「光速より速い光」でぐぐって、番組を見ると同時に著者の名前を確認したんですよ昨日。なんとかマゲイジョ、でしたっけ?



VSLによると、宇宙ひも(コズミックフラクチャー)の中ではまだ初期宇宙の「超光速の光速」が生きているんだそうで。

まあコズミックフラクチャー自体見つかっていませんし、
某宇宙のステルヴィアでは巻き込まれると危険じゃすまないみたいな描写があるので
見つけるのもそこに行くのもまだまだはるか未来の話になると思いますが

宇宙のハイウェイ(超高速)という響きはなんとなく懐かしい未来予想図を思い出させて、ロマンを感じます。
まるで大航海時代の航海図のようです。





ところで、宇宙ひもはタイムトラベルにも利用できるみたいだとシュタゲでも言っていましたが
実際のジョン・タイターが用いていたとされる可変重力ロック(VGL)と響きが似てるのは偶然でしょうか、偶然でしょうね

PLL(位相ロックループ)もなぜか連想してしまうんですよね。
たぶんH・G・ウェルズのせいだ。
Gが増幅器で、Hが帰還係数なんすよ、この宇宙がフィードバックしてるとすると。
ブラックホールからビッグバンにフィードバックする際に
事象雑音に含まれる、「因果関係を壊さない」特定の成分だけを抽出して
ギッコンバッコン大騒ぎする、発振回路なんですよこの宇宙は。

拍手[0回]

すごく今更なんですが、けものフレンズ10話の「ろっじ」でサーバルが涙を流した理由
1期では明らかになりませんでしたが

友達と話していて、「ミライさんではなく先代サーバルの声に反応して涙を流したのはなぜだろう?」
という疑問が生じましてね。

友達は先代サーバル=現サーバル説を推していたのですが、
それだと声がおかしいから、僕は最初否定派だったのです。


しかし、3ページぐらいにわたるインタビューを読んでみて
「ああ、アニメ版とアプリ版、ほとんど声優さん入れ替わってるんだ」

ということに気づき、

「けいおん」の「舞台が京都なのに京都に修学旅行とはこれいかに!?」

みたいな、視聴者の常識へのこだわりを試す何かがある気がしてきたんです。


そもそも、先代サーバルがしゃべり始めたのは9話「ゆきやまちほー」ですが
主にしゃべっていたのは10話「ろっじ」ですよね。

その「ろっじ」に、わざわざアミメキリン役としてなぜ、先代サーバルと同じ野中さんを出してカブるようなことをしたのかが気になるのです。



つまり、記憶を若干ゃ引き継いでいるが、声は引き継いでいない可能性があるのかなと

しかしそう認識するのは外の世界からの我々視聴者だけで
アニメの中では、「あの声、サーバルちゃんと同じ声じゃない?」となるのではないか

というか、「一種につき同じ声認識」の可能性もあり
ほかのサーバル個体でも「あの声、サーバルちゃんだよね?」と、アニメの中では認識されるのではないかと考えてみたのです。


つまり、どういうことかというと、
たとえば先代キリンの声が小林UMAさんだとして、現キリンの同一個体だろうと別個体だろうと、アニメの中では(ボスの投影を通すなりすると)「あの声、キリンさんの声だよね?
と認識されるからくりが、続編では出てくるのではないか

と思ったのです。なんとなくです

とはいっても大多数のキャラでそれをやられると、視聴者が混乱してしまうので
先代組はあまり大勢のキャラではやらないだろうと推測されますが。



記憶が「若干ゃ」引き継がれるというのは
やはり脳のキャパが、というのが有力かもしれません。
サーバルはどういうわけか、セルリアンに食べられた動物が「忘れてしまう」ことを「知って」いましたし、
何かこう本能を覚醒させるくらいの印象深い内容は覚えているのではないかと思うのです。

ほとんどのケモノ(哺乳類や爬虫類)について、大脳以外はほとんど共通らしいですしね。
においと一緒に思い出されるとか、そういう描写ももしかしたらサラッと出るかもしれません


ケモノ=獣=毛者


という観点から、出てきてせいぜい爬虫類、あとはだいたい哺乳類と鳥類な気がします。
(イルカには毛、ないですけどね)
魚類や両生類はアプリにはいるかもしれませんが、アニメには出ないかもしれません。
魚類とか両生類、あるいは無脊椎動物などの脳を考えてしまうと
スタッフさんたちの脳がパンクしそうな気もしますしね

タチコマやケロロは出ないんじゃないかなぁとか思ったり。
いやでもケロロは両生人類であって両生類そのものじゃないからなあ、その辺脳は人類に近いのかも。まあ、タイリクオオカミ(よしざきおにい)さんの漫画に暫定ゃ出てきたからいっか!

拍手[0回]

けものフレンズ 本来の姿になったボスたちが繰り広げる大冒険!
新しいオフィス(2013だっけ?)の3Dオートシェイプでも描きやすい、優しい簡素設計
ラッキービースト(体の容量がフレンズ並み)

一眼レフレンズ 

拍手[0回]

1話 「さばんなちほー」
 ルカ子 かばん(未確認性別)
「食べないでください!」
 まっちょしぃ(未確認生物)
「食べないよ!」(CV:カミナギリョーコ)
この棒は化ける!



4話「さばくちほー」
 平成教育委員会
ツチノコ「見ればわかるだるぉ!ル゛カ゛子゛だ゛よ゛ぉ゛!!!」

(中略)サーバルちゃん ツチノコ ツチノ子 ゼーガペイン

ツチノコ「ア゜ア゜~!!!なにしてんだお前!ここは貴重な遺跡だぞ!」

サーバル「ご、ごめんなさい!」

かばん「あ、あの~ついて行っちゃだめですかぁ?」
 鳳凰院凶真(不死鳥のフレンズ)
ツチノコ「クソ~・・・ついて↓こい↑!」



12話「ゆうえんちのアンドロギュノス」

 かばんちゃん(ヒトの毛ものフレンズ)
だが男だ(元動物はヒトのオス)

拍手[0回]

けものフレンズ 5話「こはん」


かばん「なにか、作ろうとしてたんですか?」

セルリアン「これを作ろうと思って。これ、何かわかるっすか?」

サーバル「不思議な形だねー」

かばん「スピノール・・・ですか?」

セルリアン「それっちはこれ、家(時空構造)だと思うんすよ。最高~。たぶんこうしてこう、スピノルを織り込んでいくんだと思うんすよ」

サーバル「すごいね!これ見ただけで作り方がわかるの!?」

セルリアン「そうっすね、それっちそういうのが特異みたい。」

拍手[0回]

顔がでかくて(ガウス)、首が太くて(アンペール)、足が短くて(ファラデー)…

ちょっとずんぐりまっくす(笑)な感じする頑丈な媒質してるのがフォトンです

木の…木ぃにも登らなアカンし(μ=μ0)、

水にも入らなアカンし(μ≠μ0)、

どこでも…こう振動したりできるような媒質になってるので…

磁石の模様は…丸っこい輪っかが磁力線に沿って散らばってますやんか(大前提※)、

その丸っこい輪っかの中に、さらに点々があるのがコイルの模様です


ふぇるでぃなんと・ぶらうんどうぶつえん クォークニオンおにいさん(せるん)

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
8
24 27
28 29 30 31
ブログランキング
ブログランキング参戦中
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
にほんブログ村 漫画ブログ SF・ファンタジー漫画へ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
よかったらポチッとお願いします^^
最新CM
[12/01 量子きのこ]
[11/06 NONAME]
[10/12 量子きのこ]
[10/11 にしもり]
[10/05 量子きのこ]
プロフィール
HN:
量子きのこ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/04
職業:
WinDOS.N臣T
趣味:
妄想・計算・測定・アニメ
自己紹介:
日記タイトルの頭についてるアルファベットは日記の番号です
26進数を右から読みます
例:H→7番目、XP→15(P)×26+23(X)=413番目。
A=0とする仕様につき一番右の桁はAにできませんのでご了承くださいズコー
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析